顔の赤み、赤ら顔におすすめの化粧水、ドクターズコスメのビタKレッドXトナー

鼻の周りや頬が赤い、温度差ですぐ顔が赤くなってしまう
赤みがメイクで隠せないくらいひどい
敏感肌で肌に合うスキンケアアイテムがない
ニキビ跡の赤みが顔に残っている

これらのような顔の赤みが気になる赤ら顔や、少しの刺激にも反応してしまう敏感肌は、肌のバリア機能が低下してしまい、顔の皮膚が薄くなっている状態。

なのでちょっとした刺激で肌が炎症を起こしてしまい、毛細血管が広がりやすく、赤く透けて見えてしまうことが多いです。

そんなあなたにおすすめの化粧水が、【SKIN&LAB ビタK レッドX トナー】

血液の流れをスムーズにさせる役割のビタミンKを配合しているスキンケアアイテムなのです。

実際に使ってみて、感じたことを紹介します。




顔の赤みの原因は毛細血管の色

顔が赤くなる原因は、ニキビ(ニキビ跡)や、肌の炎症や、乾燥、シミなどさまざま。

特に敏感肌やアトピーの場合、もともと肌表面の表皮が薄く、皮膚のバリア機能の低下しているため、紫外線や乾燥、大気汚染物質、スキンケアアイテムなどちょっとした外部刺激でも炎症を起こしがちです。

肌のバリア機能が働かないまま、頬や目元、アゴなどの皮膚の薄いところがダメージを受けると、毛細血管が過剰に反応。

毛細血管が過剰な反応をすることで、血管が拡張し、顔にある血管が透けて赤く見えやすくなってしまうのです。

流れをスムーズにするビタミンK配合で、赤みケア

それなら、血流をスムーズにしてあげればよいのです。

ビタミンKには、血管に詰まった栓(=血栓)を取り除き、肌の毛細血管の血流をスムーズにさせる働きがあります。

血液をスムーズに流すことで、血管が広がりにくくなるので、赤ら顔の改善が期待できるということ。

赤ら顔に有効といわれるビタミンKを配合している化粧水が、ビタKレッドXトナー。

<おもな機能>
赤ら顔改善、優れた鎮静効果、保湿効果、肌のかゆみ緩和


ビタミンKのほかにも、赤みを緩和させるナギイカダ根エキスや、ミネラルたっぷりの岩盤溶出海水などの成分も配合。

<ビタKレッドXトナーのおもな成分>
ナギイカダ根エキス・・血管収縮、赤み緩和
ツボクサエキス・・肌の弾力性、肌沈静
ブロッコリーエキス・・美白、保湿
岩盤溶出海水・・豊富なミネラルで水分補給

ニキビケアアイテムにもよく使用される成分で、抗炎症作用のあるアラントインや、グリチルリチン酸2Kなども配合されています。

赤ら顔の血流改善の成分ビタミンKのほかにも、ニキビ跡や抗炎症作用のある成分も配合されているので、かなり期待できそう。

【全成分】
水、BG、メチルプロパンジオール、グリセリン、海水、ブロッコリーエキス、1,2- ヘキサンジオール、ポリグルタミン酸、アラントイン、グリチルリチン酸2K、ナギイ カダ根エキス、水添レシチン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジイソス テアリン酸ポリグリセリル-10、メナジオン、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、 オウゴン根エキス、チャ葉エキス、カンゾウ根エキス、カミツレ花エキス、ローズマ リーエキス、セイヨウヤブイチゴ果実エキス、エチルヘキシルグリセリン、EDTA- 2Na、フェノキシエタノール

赤ら顔ケア専用化粧水、ビタKレッドXトナーの効果的な使い方


こちらが、赤ら顔用化粧水のビタKレッドXトナー

1本あたり、150mlとたっぷりサイズです。

使い方は普通の化粧水と同じで、洗顔後のきれいな肌になじませていきます。


手にとってみると、透明でシャバシャバとした水のようなテクスチャー。

顔全体に丁寧になじませてから、両手で包み込むように軽くトントンとたたいてハンドプレス。
肌の仕上がりは、さっぱり、サラサラとした感じ。

肌にすっと浸透していき、あっという間になじんで、キュッと引き締まる感じです。

肌への刺激になるような香料、着色料、鉱物油、パラベン、アルコールは不使用なので、ほてりや、ニキビ跡などの赤みがあるところでも、しみることなく使えました。

使い続けていると、肌荒れによる赤みや、赤いニキビ跡が薄くなってきて、肌も落ち着いて、ワントーンアップしたような印象です。

顔の赤みや赤ら顔におすすめのスキンケア、ビタKレッドXトナー

血流をよくして、赤み解消をサポートしてくれるスキンケアアイテム、【SKIN&LAB ビタK レッドX トナー】

さっぱりとした水のようなテクスチャーで、肌荒れのほてりや炎症を落ち着かせ、赤みのあるニキビ跡をきれいにしてくれる化粧水です。

通常価格 4,900円(税抜)で、定期購入にすると、3,920円(税抜)と20%オフになります。

当サイトの記事が、あなたのきれいな肌を手に入れるための手助けになれば幸いです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!