顔が赤くなる原因って?肌の赤みを治す方法は?赤ら顔の改善と対策

顔がすぐ赤くなる、顔にほてりや赤みがある、鼻や頬に赤みが出て目立つ・・
このような症状があるときは、「赤ら顔」かもしれません。

肌が赤くなる原因ってなに?
頬の赤みを治す方法は?
赤ら顔ってなに?

上記のような赤ら顔に関する情報をはじめ、顔や頬の赤みの改善方法や対策、スキンケアについてお伝えします。




顔が赤くなるのはなぜ?赤ら顔の原因とは?


どうして顔が赤くなるのでしょう?

肌の赤みにはさまざまな原因があります。
あなたに当てはまるものがあるか、以下をチェックしてみてください。

ぶつぶつの肌荒れ

顔にぶつぶつや、ヒリヒリとしたものができる肌荒れ。

紫外線や肌にあわない化粧品、加齢やストレス、睡眠不足などで起こることが多いです。

参考記事>>肌荒れによるブツブツを改善して、顔の赤みを消す方法

肌がピリピリしやすい敏感肌

肌がちょっとした刺激にも反応してしまう、敏感肌。
こちらも、肌荒れと同じように、紫外線や肌にあわない化粧品、加齢やストレス、睡眠不足などで起こることが多いです。

また、季節の変わり目や、体調、ホルモンの影響などによって、普段使っている化粧品が合わなくなることもあります。

自覚していない人を含めると、現代女性の多くが敏感肌であるといえます。

肌がカサカサ乾燥肌

肌がカサカサ、ひどいときには粉をふいたようになってしまう乾燥肌。

肌表面はてかっているように感じても、肌の内側が乾燥しているインナードライ肌の方もいます。
参考記事>>肌がガサガサで顔が赤い!乾燥肌の赤みを治す方法は?

顔の皮膚が薄い

肌の内部にある真皮には、毛細血管が集中しています。

生まれつき皮膚が薄かったり、急激な気温の変化や紫外線などの外部刺激を受けて皮膚が薄くなったりすると、肌の下にある血管が透けて見えるため、赤く目立ちやすくなります。

毛細血管拡張

こちらも、顔の皮膚が薄いことに関係があり、真皮にある毛細血管が広がることで、赤みが目立つようになります。

本来は、毛細血管が拡張と収縮をすることで、肌表面の温度を調整しています。
ですが、何らかの原因で毛細血管が拡張したままになってしまう症状を「毛細血管拡張症」といいます。

参考記事>>顔が赤くなりやすい人必見!毛細血管拡張症の症状と原因、治療方法

アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎

アレルギーを起こす物質(アレルゲン)に対して過敏に反応しやすく、皮膚のバリア機能が弱いアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎。

原因はさまざまですが、特定の物質(アレルゲン)に対して免疫が反応し、痒みを伴う湿疹も見られます。

参考記事>>アトピーが原因の赤ら顔の治療方法と治療薬、赤ら顔解消後のスキンケア

赤ニキビや、ニキビ跡、ポツポツ毛穴

赤ニキビの炎症や、ニキビ跡によって肌が赤くなっている状態。
肌の炎症が血管を拡張させているので、ニキビが治れば炎症も治まり、赤みも消えることが多いです。

また毛穴のひらきやたるみなどによって、雑菌が入り炎症を起こして赤くなっている場合もあります。

参考記事>>ニキビ跡が赤い!大人ニキビや吹き出物による顔の赤みの原因と治し方

化粧品や衣類、アクセサリーなどによる炎症、かぶれ

化粧品や衣類、アクセサリーなどが肌に直接触れたことが原因で起こるかぶれ(接触性皮膚炎)。

スキンケアアイテムの場合、肌に合わない成分が配合されていたり、開封後時間がたっていて、保存状態が悪かったりすることで化粧品が劣化してしまっているなどがかぶれの原因になります。

また、肌が衣類やネックレスなどに触れることでこすれ、かぶれてしまい、何だか皮膚がチクチク、ピリピリする、刺激を感じてかゆい、赤いぶつぶつが出ることもあります。

緊張すると赤くなる、赤面症

極度な緊張が引き金となって、すぐに顔が赤くなってしまう赤面症。

精神的なものに由来する場合が多い症状ですが、毛細血管拡張症による顔の赤みを過度に気にすることで、赤面症を発症してしまうこともあります。

脂漏性皮膚炎

頭皮や顔(とくに鼻や鼻の脇)の皮脂分泌の多い部位にできやすい、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん、脂漏性湿疹ともいう)。

皮脂が過剰に分泌されるほかに、表皮が乾燥することでも炎症が起き、肌が赤くなります。

参考記事>>赤ら顔と脂漏性皮膚炎の関係とは?テカリ肌の皮脂バランスについて

赤ら顔、酒さ

赤ら顔とは、毛細血管の拡張の関係で顔が常に赤くなってしまっている状態。

肌のバリア機能が低下し、皮膚が薄くなっている敏感肌やアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎の場合、肌の下にある血管が透けて見え、赤く目立ちやすくなります。

参考記事>>酒さとは?酒さの原因と症状、皮膚科での治療と酒さ様皮膚炎について

肌が赤くなるのを治す方法、改善する対策は?

どんな原因であれ、肌が赤くなっている状態を治すには、時間がかかります。
少しでも早く改善する対策も紹介します。

きれいな肌のためには規則正しい食生活と睡眠、ストレスをためないこと


私たちの肌はもちろん、身体も食べ物によって作られています。
そのためバランスのよい食事が大切。甘いものや、スナック菓子を食事代わりにしてはいけませんよ。

炭水化物や糖質、脂質などの三大栄養素をはじめビタミン、ミネラルを加えたバランスの良い食事をとることが重要です。

できれば摂取を控えたほうが良い食べ物は、キムチなどの辛いものや、酸味の強いもの、味が濃く塩辛いものなど刺激が強いもの。

参考記事>>赤ら顔の改善に効果的な栄養素はこれ!赤みがあるときに意識してとりたい食材

お酒などのアルコールやカフェインも適量なら良いのですが、過剰摂取は禁物です。


睡眠不足はお肌の天敵。
ぐっすりと深く、質のいい睡眠をとることが大切です。

そのためには、寝る2時間(できれば3時間)前には食事を終え、お風呂でリラックスするのがおすすめ。

参考記事>>赤ら顔と寝不足って関係ある?睡眠不足解消で、赤みのないきれいな肌に!

また、ストレスをためないことも大切です。
顔が赤いことで、「人に会うのがいや」「もう一生この肌のままなのか・・」など落ち込んでしまうこともありますが、適度な運動や、リフレッシュできる趣味などで、ストレス発散するようにしましょう。

赤ら顔のスキンケアって?顔が赤いときにおすすめの化粧品は?ランキングも!


顔が赤いときのスキンケアは、肌に触りすぎない、刺激を与えないことが大切。

洗顔はごしごしと強く洗うのではなく、たっぷりの泡で肌を包み込むように優しく洗います。

石けんを使うとピリピリとした刺激を感じるようであれば、水洗顔をします。
ぬるま湯を手ですくい、顔をひたすだけでもOK。

スキンケアアイテムは複数のアイテムを重ねづけすると、手で肌を何度もこすることになり、摩擦がさらに肌への刺激となってしまいます。

セラミドや、和漢植物エキスなどを配合している、保湿力の高いアイテムを1つだけ使うのがいいでしょう。

以下の記事では、赤ら顔の時でも使えるおすすめのスキンケアアイテムを紹介しています。

参考記事 >>赤ら顔の化粧水の選び方と、顔の赤みを消すおすすめのスキンケアランキング

皮膚科での赤ら顔治療

規則正しい生活をして、肌に刺激を与えないスキンケアをしていても、顔の赤みがひかない、さらにひどくなっているなどの場合には、一度皮膚科で診てもらうのもいいでしょう。

皮膚科での赤ら顔治療は、薬などを処方される保険適用の皮膚科の場合と、レーザー治療やピーリング、イオン導入など保険適用外の美容医療、美容皮膚科の2種類があります。

肌の状況や、治療にかかる費用、治るまでの期間などによって、自分にあった治療方法を選びましょう。

顔が赤くなる原因って?肌の赤みを治す方法は?赤ら顔の改善と対策まとめ

顔が赤くなる原因や、肌の赤みを治す方法など、一般的な赤ら顔の改善と対策をまとめました。

赤ら顔はすぐに治すことが難しく、赤みや炎症が落ち着くまで時間がかかります。

ですが、肌には自己治癒力があります。
当サイトで正しい情報を知り、正しいスキンケアをすることで、あなたがきれいな肌を手に入れるための手助けになれば幸いです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!