赤ら顔の正しい洗顔方法と、洗顔料の選び方


赤ら顔の人は、皮膚が薄くなるのを防ぐことで、顔の赤みを改善することができます。

肌荒れがおきやすい、肌への刺激に対して、かゆみや痛み、炎症などの反応が起きやすい敏感肌になっている場合も多いので、洗顔にはとくに気を付けなければなりません。

洗顔によって、赤ら顔の症状が悪化してしまうこともあるのです。
正しい洗顔の仕方をまとめてみます。

順番は以下のとおり。

正しい洗顔方法

  1. 手を清潔にする
  2. 顔をぬるま湯ですすぐ
  3. 洗顔料を泡立てる
  4. 泡で顔をなでる
  5. ぬるま湯ですすぐ
  6. タオルでやさしく水分を拭き取る

それぞれ詳しく解説します。




赤ら顔の洗顔方法①手を清潔にする


洗顔よりも先に、まず手をきれいに洗いましょう。

手についた、雑菌を落とすためです。
手に汚れや菌がたくさん付いたまま洗顔をしても、洗顔の効果が半減するだけでなく、肌への刺激となります。
洗顔する前に手を清潔にすることが大切です。

赤ら顔の洗顔方法②顔をぬるま湯ですすぐ


ぬるま湯で落ちる汚れを落としておきます。
お風呂で洗顔する場合、メイクを落とし・洗顔したあとに髪を洗うのはやめましょう。

シャンプー、コンディショナーには、肌にとって刺激になる成分が含まれていることがあります。洗顔後にシャンプーすることで、赤ら顔の症状がひどくなる場合があります。

洗髪の後に、洗顔するのがおすすめです。

赤ら顔の洗顔方法③洗顔料を泡立てる


手のひらに洗顔料を適量のせて、空気を含ませるようにしながら、洗顔料を泡立てます。

弾力があり、キメ細かい泡が手のひらいっぱいになるまで泡立てます。

泡立てが苦手なら、泡立てネットを使いましょう。泡立てネットだと、水をほとんど使わなくても、簡単にふわふわの泡ができます。ただ、水があまり含まれていないと、泡を顔につけたときに、肌への摩擦が強まってしまいます。水を少し使って泡立てたほうがやりやすいです。

泡立てネットは、雑菌などが繁殖しやすいので、使用後はしっかり乾かす、定期的に新しいものに変えるようにしてくださいね。

赤ら顔の洗顔方法④泡で顔をなでる


まず、皮脂分泌の多いTゾーンの額や鼻に泡を乗せて、それから顔全体に泡を広げます。
肌の上で泡をくるくると円を描くように転がして、汚れとなじませていきます。
たっぷりの泡を顔にのせたら、肌に直接手をつけないようにして、泡で汚れを落としていくようにします。

皮膚の表面である表皮はわずか0.2mm。その中でも一番外側にある角質層(角層)はわずか0.02mmの厚さです。ラップよりもティッシュペーパーよりも薄いのです。
摩擦は肌への刺激となりやすいもの。
肌への摩擦をなるべく減らすことで、赤ら顔の皮膚がさらに薄くなったり、毛細血管が拡張したりすることを防ぐことができます。

赤ら顔の洗顔方法⑤ぬるま湯ですすぐ


32℃くらいのぬるま湯を使って、丁寧に洗顔料を洗い流していきます。
ゴシゴシとこすってはいけません。シャワーのお湯を直接顔に当てるのもだめです。必ず洗面器にお湯をためて、洗い流します。

泡を残さないように、顔の中央からフェイスラインへ、さらにこめかみや髪の生え際、あごの下も、しっかりとすすぎます。
洗顔料が残ってしまうと、肌トラブルを引き起こすので気をつけましょう。

ぬるま湯ではなく冷水で洗ってしまうと、急激な冷えが刺激となり赤ら顔が悪化するケースもあります。化粧水などでスキンケアをしても、浸透が良くないので、冷水での刺激は避けるのがベター。

逆に熱めのお湯で洗顔すると、皮脂を落とし過ぎてしまい、洗顔後の乾燥がひどくなります。皮膚の毛細血管が拡張するので、赤ら顔にとっては良くない洗い方になります。

32℃のぬるま湯を使って、洗い流すのがベストです。

赤ら顔の洗顔方法⑥タオルでやさしく水分を拭き取る

やわらかく清潔なタオルを使い、肌に刺激にならないようにやさしく当てて、水分を押さえるようにしてふき取っていきます。
洗顔後の肌は、皮脂を取り去った後なので、摩擦や刺激に弱い状態です。
絶対に、タオルで顔をゴシゴシとこすらないようにしてください。
水分を拭き取ったら、すぐに化粧水などで保湿しましょう。

参考記事>>赤ら顔におすすめの化粧水!スキンケアアイテムの選び方からチェック

赤ら顔の洗顔料の選び方


赤ら顔のときは、洗顔料を見直すのもおすすめです。

赤ら顔の人は、肌が薄くなっていて、敏感肌になっています。
洗顔料で肌がヒリヒリする場合は、洗顔料に入っているの成分が刺激になり、肌を痛めたり、肌をさらに削っていたりする可能性があります。すぐにほかの洗顔料に変えましょう。

無添加で弱酸性の洗顔料で、敏感肌用の洗顔料なら、肌トラブルが少ないはずです。

洗顔の役割は、古い角質や皮脂や汗などを洗い流すこと。

雑菌が繁殖したり、皮脂が酸化したりして過酸化脂質に変化し、肌の刺激物となってしまう前に、洗い流すことが洗顔の目的です。

赤ら顔の原因となる、ニキビや脂漏性皮膚炎を防ぐために、毛穴に詰まる皮脂などをきっちり落としたくなりますが、スクラブ入りの洗顔料や、ピーリング成分が含まれる洗顔料は、赤ら顔にとって刺激が強すぎます。
汚れや皮脂をたくさん落とせばよい、ということではないのです。余分な皮脂や、古い角質など、肌に不要なものだけを落とせる洗顔料を選びましょう。

赤ら顔の洗顔料で、美容成分がはいっているものはおすすめ?

洗顔料にも色々な成分が配合され、美容効果のある洗顔料もあります。
ですが、洗顔後に洗い流してしまうので、洗顔料の美容成分はほとんど肌に残ることはありません。
洗顔後にしっとりするタイプの洗顔料は、洗顔料に含まれる油分が、洗顔後に肌の表面に膜を張ります。
これによって洗顔後の化粧水や乳液などが浸透できなくなり、乾燥肌を引き起こすことがあります。
やはり、余分な皮脂や、古い角質など、肌に不要なものだけを落とせる洗顔料を選びましょう。

赤ら顔の場合、洗顔料に化学成分が入っている場合、その刺激により症状が悪化することがあります。赤みが強くなったり、かゆみがでたり、かぶれたりすることがあります。
できれば、合成界面活性剤が含まれていない洗顔料を選ぶようにしましょう。
合成界面活性剤が含まれている洗顔料は、強すぎる洗浄力によって、肌の潤いを保つためのバリア機能を壊し、敏感肌になってしまう原因になります。
また、香料などの添加物は、赤ら顔の肌に刺激となります。添加物の少ない洗顔料を選ぶようにしましょう。

赤ら顔の洗顔料を選ぶときの3つのポイント

  1. 無添加で弱酸性の洗顔料で、敏感肌用の洗顔料
  2. 合成界面活性剤が含まれていない洗顔料
  3. 香料などの添加物の少ない洗顔料




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!