赤ら顔にフォトフェイシャルは効果ある?フォトフェイシャルのメリットとデメリット

赤ら顔のケアは、スキンケアをはじめ、クリニックで専門家と一緒に行うものなど、たくさんの種類と方法があります。

美容皮膚科や美容外科などの医療機関でおこなうケアの一つが、フォトフェイシャル。

フォトフェイシャルは、美顔のための治療で、赤ら顔、シミ、ソバカス、ニキビ、くすみなどの肌トラブルを改善することが可能です。

フォトフェイシャルを使った、赤ら顔治療のメリットとデメリットについて調べてみました。




フォトフェイシャルとは?

皮膚科、美容皮膚科、美容外科などの医療機関で行われている、フォトフェイシャル。

フォトフェイシャルとは、シミ・そばかす、ニキビやくすみなどの肌トラブルを、IPLという光を当てることによって改善する最先端の施術なのです。

フォトフェイシャルで使われるIPL(Intense Pulsed Light)という光は、簡単に言うと毛細血管やメラニンといった、肌トラブルの原因となるものに反応する光。

赤ら顔の原因が、毛細血管拡張症だと効果的

フォトフェイシャルで使われるIPL光は、血液のヘモグロビンという赤い色素に吸収される波長を含みます。毛細血管拡張症が赤ら顔の原因である場合、とくに効果を発揮します。

毛細血管拡張症のある場合、周囲の温度変化などの刺激や、緊張や興奮しただけで、顔が赤くなってしまいます。

ふつうは目に見えない毛細血管が、拡張しやすくなってしまい、拡張した毛細血管を流れる血液の量が増えてしまいます。これらが、透けて見えることで、顔面のほてりや顔の赤みとなります。

フォトフェイシャルでIPLという光を照射することで、だんだんと毛細血管が拡張しにくくなり、赤ら顔も気にならなくなります。

フォトフェイシャルによる赤ら顔の治療って?

フォトフェイシャルによる赤ら顔の治療は、1か月に1回くらいの頻度で、約5回程度、続けて治療を受けることが望ましいとされています。
また、色白になるほど、フォトフェイシャルの効果は高くなります。クリニックでは、ハイドロキノンなどの成分を含んだ薬を併用して、美白ケアをしながら赤ら顔の治療をすることもあります。

フォトフェイシャルは顔の赤みを抑えるのと同時に、老化によるシミ、そばかす、くすみをケアし、肌のキメをとととのえることができます。

そばかすくらいだと、1回の施術でそばかすの部分が、かさぶたのようになって、そのあとぽろぽろとはがれていきます。

フォトフェイシャルでは、シミやそばかすの原因となるメラニン色素を、肌の表面に浮かせる効果があるのです。肌の細胞が活性化することで、肌のキメを整えることもできます。

>>赤ら顔やしみに美容皮膚科エルクリニック

フォトフェイシャルを使った赤ら顔治療のメリットとデメリット

フォトフェイシャルによる赤ら顔治療のメリットと、デメリットについてまとめてみます。

フォトフェイシャルを使った赤ら顔治療のメリット

フォトフェイシャルは、肌への負担が少なく、肌に優しい治療です。

施術時間も20~30分程度と短時間です。施術時の痛みもほとんどありません。

フォトフェイシャルはシミ、ソバカス、くすみ、ニキビといった悩みも改善することから、赤ら顔を改善しながら、美肌効果も得られるのもメリットです。

以前は、赤ら顔の治療方法といえば、レーザー治療でした。
レーザーは効果は高いのですが、肌の黒ずみが現れる場合がありました。フォトフェイシャルでは、治療後に肌の黒ずみが現れることはありません。

また、レーザーは施術後、顔にガーゼや絆創膏を貼らなければならないので、すぐにメイクができませんが、フォトフェイシャルではそのような必要はないので、施術当日からのメイクも可能です。(ダウンタイムがない、もしくは少ない)

フォトフェイシャルを使った赤ら顔治療のメリット

  • 肌への負担が少なく、肌に優しい
  • 短時間で、施術当日からのメイクも可能
  • 赤ら顔を改善しながら、美肌効果も得られる

フォトフェイシャルを使った赤ら顔治療のデメリット

フォトフェイシャルによる赤ら顔治療のデメリットについても、まとめます。

1回の施術だけではでは、赤ら顔の改善効果は期待できません。5回程度継続して通う必要があります。
しかも、赤ら顔をフォトフェイシャルで治すのは、数ある治療手段の中でもかなり贅沢です。ビタミンKや赤ら顔を改善するクリームや化粧水といったスキンケアに比べると、お金がかかります。

クリニックによって異なりますが、フォトフェイシャル1回の施術料金の相場は、顔全体でだいたい3万円~10万円といったところです。

フォトフェイシャルを使った赤ら顔治療のデメリット

  • 継続してクリニックに通う必要がある
  • お金がかかる(高価)

ですが、クリニックの多くは「5回コース」というようなお得なコース契約が用意されている場合もあるので、1回試してみて、気に入ったらコース契約をする方法がいいと思います。

他にも、1回の施術費用で計算するクリニックと、パーツごとに細かく計算してくれるクリニックがあります。
もし、部分的な顔の赤みであるなら、頬だけ、鼻周りだけ、のようにパーツ計算してくれるクリニックのほうがお得になる場合もあります。

赤ら顔にフォトフェイシャルは効果ある?フォトフェイシャルのメリットとデメリット、まとめ


フォトフェイシャルは赤ら顔以外にも毛穴の開きやニキビ、ニキビ跡、たるみ、シミ、小じわなどを改善し、肌が目に見えて美しくなる点が魅力的です。

フォトフェイシャルの光は、拡張した毛細血管を流れる血液の赤い色素に対し、もっとも効果を発揮します。
自分の症状を、クリニックの医師に診てもらい、赤ら顔のどんな治療が自分にとって一番良いのか、よく相談してから治療をスタートするのがベストです。

>>赤ら顔やしみに美容皮膚科エルクリニック




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!