水洗顔のやり方って?顔に赤みがあるときや敏感肌におすすめの洗顔方法

洗顔料や石けんを使った洗顔が原因で、肌荒れになることがあります。

洗顔料には、界面活性剤や防腐剤など、乾燥肌や敏感肌にとって刺激となるものが含まれていることがあります。
ピリピリとした痛みやかゆみを感じたり、顔のテカりが治まらなくなったり、ひどい場合は赤ら顔の原因となってしまいます。

顔に赤みがあるときや、敏感肌におすすめの洗顔方法、水洗顔のやり方や注意するポイントを紹介します。




洗顔料やせっけんで肌が荒れる?


肌荒れの原因のひとつに、「洗顔料や石けんを使った洗顔」があります。

洗顔料には、汚れをおとしやすくするための界面活性剤や防腐剤など、乾燥肌や敏感肌にとって刺激となるものが含まれていることがあります。
ピリピリとした痛みやかゆみを感じたり、顔のテカりが治まらなくなったり、ひどい場合は赤ら顔の原因となってしまいます。

皮脂は肌に必要な成分


洗顔料や石けんを使った洗顔は、皮脂を洗い流しすぎてしまうので、肌にとって負担になります。

皮脂には、肌を守るはたらきがあります。
皮脂を洗い流しすぎると、肌は「もっと皮脂が必要なんだ」と勘違いして、皮脂の分泌を増やそうとします。そのため、顔のテカりがでたり、過剰な皮脂がニキビの原因になったりします。

肌の皮脂を洗い流したからといって、肌荒れが改善するわけではないのです。
そればかりか、洗えば洗うほど過剰に皮脂が出て肌を痛めることになり、最悪の場合、ニキビなど肌の炎症を引き起こしてしまうのです。

肌が炎症を起こしてしまうと、肌の表面の角質層が傷つき、薄くなってしまいます。

角質層が薄くなってしまうと、肌の奥の毛細血管の色が浮いてしまい、顔が赤く見える赤ら顔になることもあります。
また、角質層は肌のバリア機能を担っているので、角質層が薄くなってしまうと、刺激に弱くなり、敏感肌の症状を引き起こすこともあります。
角質が水分を保持する力が薄れてしまうと、乾燥肌になり、肌がカサついたり、うるおいのない肌になってしまいます。

肌が健康的な状態に保たれているのは、肌が弱酸性になっていて、有害な菌などから肌を守っているおかげです。
肌に住む常在菌が、皮脂を分解することで、肌は弱酸性を保っています。
皮脂が多すぎると困りますが、皮脂や常在菌は肌にとって必要なものなのです。

洗顔料や石けんを使った洗顔により、皮脂をすべて洗い流してしまうのは間違いです。皮脂を適量に保つことが大切なのです。

水洗顔のやり方と、水洗顔をするメリット


そこで、水洗顔という方法があります。
水洗顔は、肌に必要な適度の皮脂、肌を守る角質、常在菌などを残しつつ、肌への刺激を最小限にするための洗顔方法です。
石けんや洗顔フォームを使わずに、ぬるま湯だけで顔を洗います。

ぬるま湯を手に取り、顔に「ひたひた」「ぴちゃぴちゃ」と、水をつけるようにするだけでOKです。
すくった水の中で、顔を左右に少し動かすだけでもいいです。

肌への摩擦となってしまうので、ごしごしとこすらないように気をつけましょう。

水洗顔のメリットは、洗顔料や石けんによる肌への負担がなくなり、必要以上に皮脂を洗い流してしまう心配がないことです。
水洗顔だと、洗顔料や石けんのすすぎ残しの心配もありません。

水洗顔をするときに気をつけたい3つのポイント


最後に、初めて水洗顔をするときに気をつけたい3つのポイントを紹介します。

水洗顔をするときに気をつけるポイント1.温度

水洗顔で使う、水の温度にも気を付けましょう。

冷水は刺激になって、肌荒れの原因になることもあります。
熱すぎても、皮脂が落ちてしまうのでダメです。
肌に必要のない汚れを落とし、乾燥やベタつきなく仕上げるには、32℃くらいのぬるま湯を使いましょう。

水洗顔をするときに気をつけるポイント2.頻度

今まで洗顔料や石けんを使った洗顔をしていた場合、急に水洗顔に切り替えると、角栓がたくさんできたり、ニキビが悪化したりする場合があります。

洗顔料や石けんを使った洗顔で、皮脂を洗い流しすぎていると、皮脂を分泌する皮脂腺が肥大化してしまっていることがあるのです。
急に水洗顔に切り替えても、皮脂の分泌が多いままとなり、テカり肌やニキビを引き起こしてしまいます。
このような場合は、いきなり毎日水洗顔をするのではなく、2日に1回など少しずつ試してみるのがいいでしょう。

また、朝と晩の1日2回水洗顔している場合でも、肌のテカりを感じたり、汗でベタついたりしているときは、余分な皮脂を落とすために、そのつど水洗顔してもいいです。
ハンドタオルを濡らして、優しく押さえるだけでも、余分な皮脂を取ることができますよ。

メイクをしている場合、朝晩2回の洗顔を水洗顔にしてしまうと、メイクを落とすことができません。

夜は、なるべく、合成界面活性剤が配合されていないクレンジングや洗顔料などを使って、スッキリ汚れを落とします。
クレンジング不要のミネラルファンデなどで、メイクをするのもおすすめです。

朝の洗顔を優しい水洗顔に切り替えて、肌への刺激を最小限に抑えるといいでしょう。

水洗顔をするときに気をつけるポイント3.タオル

顔を拭くタオルにも注意しましょう。

水洗顔の後は、タオルをやさしく顔に当てて、水分を拭き取ります。
ゴシゴシとふくのではありませんよ!

タオルに柔軟剤が使われていたり、抗菌加工されていたりすると、湿疹やニキビの原因になったり、敏感肌の刺激になることがあるので、気をつけましょう。

洗顔後は、必ず化粧水を使って保湿するのを忘れずに!

\あわせて読みたい!/
参考記事>>赤ら顔の化粧水の選び方と、顔の赤みを消すおすすめのスキンケアランキング




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!