赤ら顔のスキンケアに大切な成分セラミドと、セラミド配合化粧品の選び方

乾燥肌や敏感肌だと、紫外線や外気などのちょっとした刺激でも、肌に炎症が起こってしまうことがあります。

乾燥肌や敏感肌が悪化すると、肌が薄くなってしまい、肌の奥の毛細血管を流れる血液の赤い色が透けて見えてしまうことがあります。
このような、肌からすけてみえる血管は、赤ら顔の原因のひとつです。

乾燥肌や敏感肌、赤ら顔のスキンケアにかかせない成分「セラミド」について、紹介します。




セラミドとは?

「肌が薄くなる」といいますが、肌の一番外側にある角質層(かくしつそう)は、もともとサランラップ1枚程度の厚さしかありません。約0.02mmという薄さなのです。

この角質層は、肌を守るバリア機能のはたらきがあります。
角質層が薄くなったり、乾燥したりすると、紫外線や化学物質などの外からの刺激に弱くなってしまい、肌を守ることができず、肌トラブルが頻繁に起こってしまいます。

そこで、重要な成分が「セラミド」。

角質層は、肌のバリア機能を維持するために、たくさんの水分を含んでいます。
角質層に含まれる水分のうち約8割は、角質細胞と角質細胞の間にある「細胞間脂質(さいぼうかんししつ)」がガッチリとつなぎとめて、キープしています。

この細胞間脂質のうち、約4割を占めるのが「セラミド」です。
セラミドは、肌の水分を保持するためには欠かせない成分なのです。

セラミドが少ないとどうなるの?


セラミドが不足すると、肌はカサつき、乾燥肌から敏感肌になってしまうことがあります。肌の乾燥は、水分を補給しただけでは改善しません。

セラミド不足により、肌の内側の水分が蒸発してしまい、肌は乾いたスポンジのようになってしまいます。

肌表面の水分が少なく、乾燥してバリア機能が低下していると、紫外線や化学物質などの、外からの刺激が肌の内部にまで届いてしまいます。それらは肌のダメージになります。

セラミドを増やすには、セラミド配合のスキンケアアイテムがおすすめ!

細胞間脂質がセラミドでたっぷり満たされていると、しっとりとうるおい、ハリがでて、弾力のある肌となります。

セラミドはもともと、身体の中で作られる成分。

ですが、セラミドの量は20歳がピークで、その後は加齢とともに減少してしまいます。
セラミドを補うにも、残念ながら特定の食べ物を食べることで肌のセラミドを増やすことはできません。

そこで、赤ら顔や敏感肌の改善のためには、セラミドを配合した化粧品を選んでスキンケアするのがおすすめ。

セラミド配合化粧品の選び方と、セラミドの種類


セラミドにも、さまざまな種類があります。スキンケアアイテムに、どんな種類のセラミドが配合されているのか、確認しましょう。

天然のセラミドとして「ビオセラミド」や「セレブロシド」といったものがあります。

ですが、せっかくなら私たち人間の肌に含まれているセラミド、「ヒト型セラミド」を選んだほうが、肌との相性もいいです。

人間の肌には、おもに6種類のセラミドがあります。その中でも保湿に優れているのは「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」。スキンケアアイテムを選ぶときには、「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」が入っているかどうか確認しましょう。

とくに、セラミド2は「セラミドNG」と表示されることもあり、非常に高い水分保持機能を持っています。人間の肌に最も多く含まれているセラミドなので、肌との相性も良く、肌がうるおいながら、肌のバリア機能が回復します。多くのセラミド配合化粧品に配合されています。

また、セラミド3は「セラミドNP」と表示されることもあり、保湿機能のほか、シワを軽減するはたらきがあります。
セラミド3も、加齢とともに減少しやすい成分。なので、赤みや乾燥、敏感肌のスキンケアとあわせてエイジングケアもしたいのなら、「セラミド3が配合されているかどうか」をチェックするといいです。

ただし、セラミド配合の化粧品を選ぶとき、あまりに安価(プチプラ)なものは避けるようにしましょう。

セラミドは、化粧品の原料の中でも高価な成分です。セラミド配合と書いてあるのに、あまりにも価格が安い化粧品は、ごく微量のセラミドしか配合されていなかったり、配合していたとしても、セラミドの類似品であったりする場合があります。

セラミド配合の化粧品を選ぶなら、100ml前後で4000円以上のスキンケアアイテムを選んだほうが安心できます。
また、化粧品の全成分表示を見て、ヒト型セラミドがきちんと配合されているのか、確認するようにしましょう。

セラミド配合化粧品を選び時はここをチェック!

  • 「セラミド1」「セラミド2(セラミドNG)」「セラミド3(セラミドNP)」を配合している
  • 価格が安すぎるものは要注意!(100ml前後で4000円以上のスキンケアアイテムがおすすめ)

\あわせて読みたい!/
参考記事>>赤ら顔におすすめの化粧水!スキンケアアイテムの選び方からチェック




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!