顔に赤みがあるときに使いたい!赤ら顔におすすめの日焼け止めの選び方

赤ら顔解消のためのスキンケアには、セラミド配合の化粧水で保湿、肌を傷つけない洗顔などがあります。

顔に赤みがある場合のスキンケアとして、紫外線対策も大切。

紫外線は、肌に炎症を起こし、炎症が長く続くと、毛細血管の拡張や敏感肌を引き起こします。
でも、すでに赤ら顔になっている人は、肌が刺激に弱くなっていることが多いです。日焼け止めのクリームなどが、肌の刺激になってしまう場合もあります。

顔に赤みがあるときにおすすめの、日焼け止めの選び方を紹介します。




赤ら顔の紫外線対策はここをチェック!日焼け止めを選ぶ2つのポイント


顔に赤みがある赤ら顔の人が日焼け止めを選ぶポイントは、2つあります。

ひとつは、日焼け止めの性能を表すSPFとPA+です。
もうひとつは、紫外線を防ぐ成分です。

それぞれ詳しく解説します。

UVケアアイテムでよく見る、SPFとPAとは?

SPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、紫外線のB波をカットする性能を表します。

紫外線B波を大量に浴びると、肌が炎症を起こし、肌が赤くなってしまいます。

「SPF50」と表示されている日焼け止めを使うと、日焼け止めを塗らなかった場合と比べて、紫外線B波(UV-B)で肌が赤くなるまでに50倍の時間がかかることを表します。
大まかに言うと、どのくらい紫外線B波を防ぐのか、その目安となります。

PA+とは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で、紫外線A波(UV-A)からどれくらい肌を守るのかの性能を表します。

PAのあとについている「+」の数が多いほど、紫外線A波をよく防ぐということです。

SPF50、PA++++など、数字が高いものがいいとは限らない?

しかし、SPFの数字が高いもの、PAの「+」の数が多いものを選べばよいというわけではありません。

すでに赤ら顔になっている場合、肌が敏感になっているかもしれません。
敏感になっている肌に日焼け止めをぬると、日焼け止めに含まれる紫外線を防ぐ成分が肌に刺激となって、赤ら顔がひどくなってしまうケースがあるのです。

日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤や、紫外線錯乱剤が肌に刺激を与えてしまい、赤ら顔を悪化させてしまう原因にもなります。

また、落ちにくく肌に残りやすい日焼け止めを使っている場合、日焼け止めが落としきれずに、肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

しっかり日焼け止めを落とそうとして、強めのクレンジングを使うと、肌が薄くなって、肌の奥の毛細血管が透けて見えてしまい、赤ら顔の原因になってしまいます。

赤ら顔や敏感肌におすすめなのは、ノンケミカルの日焼け止め


赤ら顔になっている場合、敏感肌でも使える、ノンケミカル(ケミカルフリー)の日焼け止めがおすすめです。

ノンケミカルというのは、日焼け止めの成分として、紫外線吸収剤が含まれていないものです。

紫外線散乱剤は肌にとって刺激が少ない成分ですが、それに比べて紫外線吸収剤は、肌の負担になりやすい成分です。

また、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤の物質を別の物質でコーティングすることで、肌に直接触れないようにしている日焼け止めもあります。このような日焼け止めは、紫外線吸収剤が紫外線に当たって化学変化を起こしても、肌への影響は少なくて済むのです。

ノンケミカルや、敏感肌でも使える低刺激をうたっている日焼け止めは、紫外線を防ぐ性能は他のものに比べて低いことが多いです。

SPFの数値が小さかったり、PA「+」の数が1つか2つであるものが多いです。

敏感肌でも使える低刺激なSPF20くらいの日焼け止めを使う場合、2度塗りをすると、紫外線を防ぐ効果をしっかりと発揮することができます。
2度塗りをしなかった場合、紫外線をカットするのに十分な量が肌に塗られていないことが多く、紫外線を防ぐ力が弱まりやすいのです。

さらに、SPFの数値が小さい日焼け止めを使う場合、汗や皮脂、摩擦などで効果が落ちてしまうので、3時間ごとなどこまめに塗り直すのがおすすめです。

\あわせて読みたい!/
参考記事>>赤ら顔におすすめのファンデ、ミネラルファンデーションの選び方と使い方




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!