赤ら顔には、グリチルリチン酸ジカリウム配合のスキンケアがおすすめ

敏感肌や乾燥肌、ニキビケアなど多くの化粧品や、医薬部外品に配合されている成分、グリチルリチン酸ジカリウム。

グリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビや肌荒れなどの肌の炎症を抑えるはたらきがあります。

顔に赤みがある赤ら顔にも、グリチルリチン酸ジカリウムはおすすめなのです。




グリチルリチン酸ジカリウムとは?


グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2Kとも表記)という成分は、甘草(カンゾウ)の根や茎から抽出されるものです。甘草は古くから漢方でも使われ、漢方の甘草湯は、口内炎などの治療に使われてきました。

\あわせて読みたい!/
参考記事>>漢方薬で顔の赤みを改善できる?赤ら顔に効果のある漢方薬

現代でも、グリチルリチン酸ジカリウムは皮膚科での治療に使われたり、化粧品に配合されたりする成分です。
グリチルリチン酸ジカリウムには、強い抗炎症作用があります。ニキビが赤く腫れてしまった場合に、炎症の赤みを抑えるはたらきがあります。

グリチルリチン酸ジカリウムに副作用はある?

また、抗アレルギー作用もありますが、どんなアレルギーにも効果があるわけではないので、肌に合うのかどうか、パッチテストなどで確かめる必要があります。
抗アレルギー作用というのは、ステロイドと同じような作用になるため、1日に40mg以上の量が体内に入ってしまうと、副作用が発生する可能性があります。皮膚科の医師の指示を守って使うようにしましょう。

化粧品の場合、そんなに大量のグリチルリチン酸ジカリウムを肌につけることはないので、副作用の心配はありません。

化粧品の成分表示には、「グリチルリチン酸ジカリウム」や「グリチルリチン酸2K」と書いてあります。どちらも同じ成分です。

グリチルリチン酸ジカリウムは、赤ら顔にもおすすめの成分


グリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビや肌荒れなどの肌の炎症を抑えるはたらきがあります。

肌の炎症が多発することによって、顔の赤みが出ている場合は、赤ら顔の改善に欠かせない成分となります。赤ら顔用の多くの化粧品にも配合されています。

また、グリチルリチン酸ジカリウムには血管を収縮させる効果もあります。赤ら顔が毛細血管の拡張によって引き起こされていた場合にも、改善の効果が期待できる成分です。

赤ら顔の場合、肌の炎症だけでなく、肌の表面の角質が薄くなってしまっている場合もあります。また、乾燥肌や敏感肌になっているケースもあります。
このように複数の要因がかさなっている場合は、グリチルリチン酸ジカリウムで炎症を抑えるだけでなく、肌のバリア機能の回復や、保湿ケアも一緒に行うことが大切です。

ニキビによる顔の赤みの場合は、グリチルリチン酸ジカリウムによって炎症を抑えるだけでは、ニキビを予防することができません。皮脂をコントロールするような、ニキビ予防のスキンケアとあわせてすることが大切です。

\あわせて読みたい!/
参考記事>>赤ら顔の化粧水の選び方と、顔の赤みを消すおすすめのスキンケアランキング




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!