紫外線アレルギー(日光アレルギー)の原因と、今すぐにできる紫外線対策


太陽光(太陽から地球に届く電磁波)には、暖かさを感じる「赤外線」と、目に見える「可視光線」と、目に見えなくて何も感じない「紫外線」などがあります。

紫外線は、地表に届く太陽光の中でも波長が短く、エネルギーが強い光で、物質の化学変化を促す性質があります。

紫外線を浴びることにより、身体や皮膚、肌にトラブルが起こるアレルギー反応を、紫外線アレルギー(日光アレルギーとも)といいます。

紫外線アレルギーに関する情報と、紫外線アレルギーを防ぐ方法を紹介します。




紫外線アレルギー、日光アレルギーとは?


紫外線のなかでも、波長の違いにより、「UVA」、「UVB」、「UVC」に分類されています。

UVCは、毒性は最も強いですが、大気のオゾン層で吸収されるため、地表には到達しません。
UVBは、浴びると皮膚が日焼けを起こしたり、皮膚がんの原因となります。眼にも有害です。
UVAは、UVBほどの害はありませんが、長時間浴びると健康被害の原因になります。

これらの紫外線によって、アレルギー反応が起こり、身体や皮膚、肌にトラブルが起こってしまうことを紫外線アレルギーといいます。
紫外線アレルギーは、日光アレルギー、日光性皮膚炎、日光性過敏症(にっこうせいかびんしょう)とも呼ばれています。

太陽の光に当たると、肌が赤くなったり、かゆくなったりする?


紫外線アレルギーの代表的な症状として、「皮膚症状」が挙げられます。

普通の人が海水浴などで、強い日差しを長い時間浴びてしまった時に出る症状と、ほとんど同じです。皮膚の赤みやかゆみが出たり、肌の炎症、湿疹、じんましんのようなものができたり、場合によっては水ぶくれに発展するケースもあります。

紫外線を浴びた時に、紫外線が当たった部分にだけ、このような症状が出る場合が多いのですが、紫外線アレルギーの場合、直接日光が当たっていない部分にも、それらの症状が出る場合もあるようです。

症状が悪化すると、じんましんや水ぶくれといった肌トラブルだけではおさまらず、頭痛や発熱、吐き気といった症状に発展することがあります。

顔は体と違って、洋服のように布でおおう事はほとんどないので、紫外線に対し無防備です。日焼け止めを使う、UVカット機能のある化粧下地を使うなど、UVケアをきちんと行う必要があります。

とくに目は、光や紫外線を吸収しやすいので、目の腫れや充血、かゆみ、ゴロゴロするなどの異物感があったら、要注意です。
目の白い部分に違和感や充血などが起きた場合は、急性紫外線角膜炎の可能性があります。強い紫外線が目に入って、急性の炎症となったものです。多くの場合は2日くらいで自然におさまります。

アレルギーの原因とは?

アレルギーの原因のひとつとして、遺伝や免疫による内的な要因が挙げられます。

人間の体内では、細菌やウイルスなどの異物と戦うために「免疫」という機能を備えています。抗体が身体の中で作られ、異物を排除することができるのです。
アレルギーは、免疫の機能や抗体の能力が限界を超えてしまうことが引き金になり、発症すると考えられています。


アレルギー症状をおこすきっかけとなるもの(花粉、ハウスダストなど)に対する抗体が、身体の中で作られます。例えばその抗体が、コップに注がれている水のように、貯まっていったらどうなるでしょうか。コップの容量の限界に達した後、水があふれてしまいます。
一回あふれてしまうと、アレルギーの元がちょっと入ってきただけでも、アレルギーの症状が起きるようになってしまいます。

ただし、少量でアレルギーの症状が出る人もいれば、多量でも全くアレルギーの症状が出ない人もいて、個人差が大きいです。
人によって、アレルギーの抗体のコップの大きさに違いがあるということ。

また、その人の持つ遺伝子、代謝障害など何かの病気が引き金になる場合もあります。
昨日までは平気だったのに、突然、紫外線を浴びて肌トラブルが起こってしまい、紫外線アレルギーを発症することもあります。

紫外線アレルギー(日光アレルギー)が起こる原因

紫外線アレルギーが起こる原因には、あらゆる可能性があります。

大人が発症する紫外線アレルギーの原因として、使っている薬や、肌に触れている洋服の繊維や素材、肌に塗っている化粧品などがあります。
塗り薬や内服薬が紫外線アレルギーの原因と疑われる場合、アレルギーの原因となっている物質を特定するために光パッチテスト(光貼布試験)を行います。

紫外線アレルギーの原因が、ほかの病気の場合もあります。膠原病(こうげんびょう)や、代謝の異常など、全身の病気がアレルギーを起こす原因となっている疑いがある場合は、血液検査によって、それらの関連性を調べます。
花粉、ハウスダスト、食物などに対して、アレルギーの反応があるのかどうかを、採取した血液を用いて調べます。

また、光線過敏症試験として、光線照射テストというものがあります。

紫外線のUVA、UVBのどちらがアレルギーになっているのかを調べます。患者さんの背中などに紫外線のUVA、UVBを照射し、紫外線アレルギーの原因となっている波長がどちらなのかを特定します。

紫外線アレルギーの症状がでたら、すぐに病院へ!


紫外線アレルギーの疑いのある症状が出たら、すぐに病院へ行きましょう。
症状の悪化を防ぐためにもまず皮膚科の診察を受け、紫外線アレルギーなのかそうでないのかを確認することが大切です。

紫外線アレルギーと診断された場合、症状が軽いようならステロイドを含んでいない塗り薬が処方されます。症状が重くなるとステロイドを含む塗り薬が処方されます。
アレルギーの反応を抑える目的で、飲み薬も出してくれるお医者さんもあります。

処方された薬は、症状を軽くするためのものです。アレルギーの場合、また紫外線を浴びれば、同じような症状が起こってしまいます。
紫外線アレルギーを治す根本的な治療薬は、残念ながらまだありません。

アレルギーの元になる物質があれば、それを避けること、また紫外線をなるべく浴びないように気を付けることが必要になります。

紫外線アレルギーを防ぐには、UV対策が重要


紫外線が強いほど、紫外線によるアレルギーの症状がでやすくなります。

紫外線の量が一番多くなるのは昼間です。外出する場合はなるべく午前中や夕方に外出できるといいです。
とくに午前10時から午後2時は、紫外線が最も強くなります。この時間帯は、外出をなるべく避けるのがおすすめです。

紫外線は、太陽が頭のてっぺんの位置に来た時が、最も強くなります。

太陽が低い位置にあるなら、太陽の方に顔を向けて立っても、顔に浴びる紫外線の量は正面や頭上は多く、側面や後頭部は少なくなります。
しかし、太陽が高い位置まで上がり、角度にして50度以上になってしまうと、顔に浴びる紫外線の量は、正面、頭上、側面、後頭部のどの場所もほとんど同じになってしまいます。身長より、自分の影が短くなると、太陽の高度が50度を超えたことになります。

日本の場合、真昼の12時に太陽高度が50度以上になるのは、だいたい3月から10月です。この時期の紫外線には、とくに気を付けたほうがいいでしょう。

外出時には、帽子や日傘で紫外線対策!


外出するときは、直接降り注ぐ紫外線から身を守るため、日傘や帽子を使いましょう。

5㎝以上つばがある帽子なら、紫外線の半分をカットできます。日傘と帽子を一緒に使うと、より効果的です。

また、紫外線はあちこちに散乱しやすいだけではなく、地表からはね返ってきたり、日傘の中にも入り込んできたりします。夏場は、肌をアームカバーなどの衣服でカバーしておけば、散乱してくる紫外線への対策になります。UVカット機能の付いた長袖もありますよ。

サングラスで、目からの紫外線もカット!


紫外線は目からも吸収されるので、アレルギーの症状を防ぐには、目を守ることも重要です。紫外線カット機能付きサングラスや、紫外線カットコンタクトレンズを使いましょう。

紫外線カットコンタクトレンズは、目の角膜を直接覆うので、サングラスよりも紫外線をさえぎる能力は大きいです。ただ、コンタクトレンズは黒目の部分を覆っても、白目の部分を覆うことができません。

白目の部分もちゃんと守るため、紫外線カット機能付きサングラスと併用するといいでしょう。

屋内にいても、一部の波長の紫外線は、窓ガラスを透過して入り込んできます。UVカット機能付きの窓ガラスでないならば、窓ガラスに貼るUVカットフィルムや、UVカットのカーテンを付けましょう。

紫外線アレルギーに似ている、光接触皮膚炎とは?

紫外線アレルギーに似た症状として、光接触皮膚炎というものがあります。
光毒性を持つ物質が原因となり、肌トラブルが起きます。

化粧品や日焼け止めの成分の中には、紫外線を吸収する成分(紫外線吸収剤など)があります。それらを塗って紫外線を浴びてしまうと、紫外線を吸収した成分が化学変化してしまい、肌へのダメージになります。

薬の中には、紫外線の感受性を高めてしまうものがあります。それらの薬を服用しているときに紫外線を浴びて、症状が出るケースがあります。
ステロイドを含まない消炎鎮痛剤や、それらの成分が入った塗り薬や貼り薬を使用しながら紫外線を浴びたり、塗り薬や貼り薬を使用後に紫外線を浴びると、光接触皮膚炎が現れることがあります。


また、光接触皮膚炎と深くかかわっている「ソラレン」という成分が、食べ物に含まれています。

ソラレンはレモン、オレンジ、パセリ、ライム、セロリなどに含まれています。

これらを食べて紫外線を浴びると、かゆみや発疹が出やすくなる場合があります。そのような場合は、なるべくソラレンを含む食べ物を夕食に摂るようにしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!