赤ら顔の改善方法!おすすめ化粧品、サプリメント、皮膚科を徹底調査

赤ら顔は、顔の一部分が赤くなったり、顔の赤みがずっと続く状態です。
顔が急に熱くなって、顔が赤くなったりもします。
赤ら顔は誰でも引き起こす可能性があり、赤ら顔になってしまうのにはいろいろな原因があり、それらが重なっていたりする場合もあります。
軽症なら、スキンケアで赤ら顔対策もできます。

赤ら顔の改善方法、顔に赤みがある時におすすめの化粧品やスキンケアについて紹介します。




ニキビ、ニキビ跡が原因の赤ら顔改善方法

ニキビは、赤ら顔の原因となります。
皮脂分泌の多いTゾーンはとくにニキビができやすく、Tゾーンの赤ら顔は、ニキビや吹き出物が原因になっています。
さらにニキビが炎症を起こし、それが顔全体に広がることもあります。
ニキビが炎症を起こした状態を、赤ニキビといいます。
赤ニキビがたくさんできた部分は、炎症により、赤ニキビができたところの皮膚が赤くなります。
同じ場所に繰り返しニキビが再発すると、炎症が治まらなくなってしまい、赤ら顔になってしまいます。

ニキビが原因の赤ら顔改善方法として、まず抗炎症作用のある成分が入っている化粧品を使いましょう。
抗炎症作用のある成分として、グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)などが挙げられます。

また、ニキビや吹き出物を潰してしまったりすると、色素沈着を起こしてしまうことがあります。これによって赤ら顔になる場合もあります。
ニキビによる傷のまわりには、傷を治すために血管が広がった状態になっています。
ビタミンC誘導体やプラセンタは、ニキビの炎症でできた傷を早く治すので、血管をもとの大きさに戻すことにつながります。これらの成分を含んだニキビ跡専用のスキンケアを使うのもおすすめです。
高濃度ビタミンC誘導体は、過剰な皮脂を抑え、肌の赤み、ニキビ、ニキビ跡、シミを改善することができます。

抗炎症作用のある成分を含む化粧水、ビタKレッドXトナー


赤ら顔に有効といわれるビタミンKを配合している化粧水、ビタKレッドXトナー。

セラミドは入っていませんが、セラミドの合成を促進する甘草(カンゾウ)根エキスや、抗炎症作用のあるアラントイン、グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)などを配合しています。

参考記事>>顔の赤み、赤ら顔におすすめの化粧水、ドクターズコスメのビタKレッドXトナー

公式サイト>>赤ら顔でお悩みの方に!皮膚科専門医開発赤ら顔ケア化粧水【SKIN&LAB ビタK レッドX トナー】

ビタミンC誘導体や抗炎症作用の成分を含む化粧品、ビーグレン


ニキビが治った後でも、肌にニキビ跡の赤みや、顔の赤みが残ることがあります。
こんな時に使いたいのが、「ニキビ跡専用のスキンケア」
ビーグレンのニキビ跡ケアトライアルセットには、

  • クレイウォッシュ(洗顔料)
  • QuSomeローション(化粧水)
  • Cセラム(美容液)
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)

の4つのアイテムが入っています。詳しくは以下の記事をご覧ください。
参考記事 >>ニキビ跡の赤みや赤ら顔、凸凹毛穴を消すならビーグレンがおすすめ

公式サイト>>ビーグレンニキビ跡トライアルセット

肌荒れが原因の赤ら顔改善方法

カサつきやニキビなどの肌トラブルがある肌の状態を、肌荒れといいます。乾燥による敏感肌も、肌荒れのひとつとして、赤ら顔の原因になります。
水分の保持が足りない肌である乾燥肌は、肌のバリア機能が低下しています。外的な刺激に弱い敏感肌でもあります。

紫外線や乾燥などのさまざまな刺激から肌を守っているのが、皮膚の一番表面にあるわずか0.02㎜の角質層。

角質層には、外部からの刺激をガードするバリア機能と、肌内部のうるおいをキープする2つの役割があるのです。

ですが、角質層のバリア機能が弱まり薄くなると、紫外線や細菌などが肌内部に入りやすくなり、ダメージを与えます。

肌荒れによって赤くなってしまった肌に大切なのは、肌のバリア強化成分である「セラミド」をしっかり補うスキンケアをすること。

レンガのように積み重なっている、肌の細胞と細胞を固める(つなぐ)役割の成分が、セラミドです。

肌の細胞と細胞のあいだがセラミドでたっぷり満たされていると、しっとりとうるおい、ハリがでて、弾力のある肌となります。
セラミドが配合されているアイテムをチェックしましょう。
私たち人間の肌に含まれているセラミド、「ヒト型セラミド」配合した化粧品が、肌との相性もいいです。

セラミド配合の化粧水、ULU(ウルウ)


ウルウには、医療用に開発された浸透力の高いマイナスイオン水に、私達の体内にある保湿成分であるセラミドとほぼ同じ成分のヒト型セラミドが3種類配合されています。

また、浸透したセラミドをしっかりキープするため、スクワランを配合。

ウルウ(ULU)は、導入液、化粧水、美容液、乳液、ふきとり化粧水と、1本5役のオールインワン化粧水。
これ1つでスキンケアが完了するので、肌への摩擦、刺激を少なくできるのもいいです。

参考記事>>赤ら顔に特化した化粧水、ウルウ(ULU)は、顔に赤みがある時におすすめのスキンケア

公式サイト>>赤ら顔対策にはこれ1本でOK!/WEB限定キャンペーン中

皮膚が薄くなってしまった赤ら顔の改善方法


皮膚が薄いことが赤ら顔の原因になっている場合もあります。
皮膚の奥の毛細血管が透けて見えることによって、顔が赤く見えるのです。

毛細血管は、気温の変化や、緊張したときなど、いろいろな要因で収縮や拡張をするものです。
人前に出ると顔が赤くなってしまう人は、緊張やストレスを感じることで、毛細血管が膨張し、血液の量が増えています。
また、寒い場所から温かい場所に移動したときも、毛細血管が広がって顔が赤くなってしまいます。
とくに鼻の周りなどは、毛細血管が密集しているので、毛細血管が広がることによって血液が透けやすいのです。
広がった毛細血管は肌から見えやすくなり、皮膚が薄いと血管が透けやすいので、赤ら顔になるのです。

ふつう、気温の変化、心理的な緊張、飲酒などで毛細血管が拡張しても、時間がたてばやがてもとの毛細血管に戻り、顔の赤みは消えます。
時間がたっても顔の赤みが消えない場合は、毛細血管が拡張したままになっているかもしれません。
赤ら顔専用の化粧水を使ってスキンケアをするか、皮膚科で診察してもらうのがよいでしょう。

毛細血管の拡張にアプローチする成分が入った、赤ら顔専用のアイテムがおすすめです。
また、肌荒れによって薄くなってしまった肌を改善するために、セラミドを含む化粧品を使いましょう。

赤ら顔におすすめの化粧水、白漢しろ彩

赤ら顔専用の化粧品を選ぶときにチェックするべき3つのポイントを全部クリアしている化粧水、白漢しろ彩(しろさい)。

セラミドのほかにも、毛細血管の広がりにアプローチするプランクトンエキスや、漢方に含まれる和漢植物エキスも配合されています。

肌と同じラメラ構造なので、浸透もよし!

さらに、ニキビや美肌効果に優れた抗酸化力の高いビタミンC誘導体とヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分も配合。
肌のバリア機能強化と保湿ケア、顔の赤みにと、多角的なアプローチができるスキンケアアイテムです。

参考記事>>赤ら顔専用化粧水、白漢しろ彩は顔の赤みにおすすめのスキンケア

公式サイト>>顔の赤みの根本からアプローチ【白漢しろ彩】

化粧品で赤ら顔改善


赤ら顔を悪化させないためにも、スキンケアを見直しましょう。

一日に何度も洗顔していたり、洗顔のとき肌を洗い過ぎていたり、ピーリングなどをやり過ぎると、赤ら顔になりやすくなります。
洗顔やピーリングをやり過ぎると、肌に必要な皮脂も落としてしまいます。肌のバリア機能が低下し、肌荒れしやすくなります。

また、導入化粧水、化粧水、美容液、乳液、クリーム、オイルのように、スキンケアアイテム重ね使いしすぎると、スキンケアを塗る手と肌がこすれる摩擦で、刺激が多くなり、赤ら顔になりやすくなります。

顔に赤みがある時のスキンケアアイテム選びのポイント


顔に赤みがある、赤ら顔になっているときは、セラミド配合の保湿化粧品を選ぶのがおすすめです。

セラミドは角質にある細胞間脂質で、角層にある水分を保持する役割があります。セラミドがサンドイッチ状に水分を挟み込むことで、肌のうるおいが保たれます。
乾燥肌や敏感肌は、セラミドが不足しています。セラミド配合の保湿化粧品で、セラミドを補給するようにしましょう。

肌の一番外側にある角質層(かくしつそう)は、もともとサランラップ1枚程度の厚さしかありません。約0.02mmという薄さなのです。

この角質層は、肌を守るバリア機能のはたらきがあります。
角質層が薄くなったり、乾燥したりすると、紫外線や化学物質などの外からの刺激に弱くなってしまい、肌を守ることができず、肌トラブルが頻繁に起こってしまいます。

そこで、重要な成分が「セラミド」。

角質層は、肌のバリア機能を維持するために、たくさんの水分を含んでいます。
角質層に含まれる水分のうち約8割は、角質細胞と角質細胞の間にある「細胞間脂質(さいぼうかんししつ)」がガッチリとつなぎとめて、キープしています。

この細胞間脂質のうち、約4割を占めるのが「セラミド」です。セラミドがとらえた水分は、たとえ湿度が0%になっても、肌から蒸発することはありません。
セラミドは、肌の水分を保持するためには欠かせない成分なのです。

セラミドが不足すると、肌はカサつき、乾燥肌から敏感肌になってしまうことがあります。肌の乾燥は、水分を補給しただけでは改善しません。

セラミド不足により、肌の内側の水分が蒸発してしまい、肌は乾いたスポンジのようになってしまいます。

肌表面の水分が少なく、乾燥してバリア機能が低下していると、紫外線や化学物質などの、外からの刺激が肌の内部にまで届いてしまいます。それらは肌のダメージになります。

セラミドを増やすには、セラミド配合のスキンケアアイテムがおすすめ!

細胞間脂質がセラミドでたっぷり満たされていると、しっとりとうるおい、ハリがでて、弾力のある肌となります。

セラミドはもともと、身体の中で作られる成分。

ですが、セラミドの量は20歳がピークで、その後は加齢とともに減少してしまいます。
セラミドを補うにも、残念ながら特定の食べ物を食べることで肌のセラミドを増やすことはできません。

そこで、赤ら顔の改善のためには、セラミドを配合した化粧品を選んでスキンケアするのがおすすめ。
私たち人間の肌に含まれているセラミド、「ヒト型セラミド」配合した化粧品が、肌との相性もいいです。

とくに、セラミド2は「セラミドNG」と表示されることもあり、非常に高い水分保持機能を持っています。人間の肌に最も多く含まれているセラミドなので、肌との相性も良く、肌がうるおいながら、肌のバリア機能が回復します。多くのセラミド配合化粧品に配合されています。

また、セラミド3は「セラミドNP」と表示されることもあり、保湿機能のほか、シワを軽減するはたらきがあります。
セラミド3も、加齢とともに減少しやすい成分。なので、赤みや乾燥、敏感肌のスキンケアとあわせてエイジングケアもしたいのなら、「セラミド3が配合されているかどうか」をチェックするといいです。

他にも、ビタミンC誘導体配合の化粧品は、肌荒れ、ニキビなど、顔の赤みとともに肌が炎症を起こしている場合に、効果が期待できます。
ビタミンCやビタミンKなどの美容成分は、赤ら顔のスキンケアに効果的です。
ビタミンC誘導体は、乳液や美容液といった基礎化粧品にも含まれていますが、まずは化粧水で補給したほうが肌によく吸収されます。

ビタミンC誘導体、ビタミンKが入った化粧品はいろいろな商品があります。自分の肌質に合うものを見つけましょう。

セラミド配合の化粧水がおすすめ!

乾燥肌や敏感肌が原因の赤ら顔のスキンケアは、まず保湿ケアをしっかりおこなうことが大切です。

肌のバリア機能を高める、セラミドを含む化粧水を使いましょう。乾燥肌におすすめのスキンケアアイテムとしては、セラミドの他にも、コラーゲンやコエンザイムQ10を配合した化粧品があります。

セラミドやコラーゲンは、肌に水分を保持するはたらきがあります。乾燥肌がうるおいを取り戻すと、肌のバリア機能の改善につながります。乾燥肌なら、しっとりタイプのスキンケアアイテムを選ぶのがおすすめです。

オールインワンもおすすめ!

保湿をするためには、化粧水、美容液、乳液と、3段階のスキンケアを行うことになります。優しく触れるように気を付けていても、手のひらや指で、肌を摩擦してしまいます。

化粧水、美容液、乳液のスキンケアが1度で済んだら、摩擦による肌への刺激を少なくすることができますよね。

そんな時おすすめなのが、オールインワン化粧品です。

オールインワン化粧品にも、スキンケアがしっかりとできるように設計されたものがあり、1回のスキンケアでも、化粧水、美容液、乳液の3段階のスキンケアと同等の効果をもたらすことができるアイテムもあります。

赤ら顔や敏感肌で、肌の炎症が起きやすくなっている場合は、低刺激で高保湿のスキンケアアイテムを選びましょう。しっかりとスキンケアができて、さらにオールインワン化粧品であるなら、理想的だといえます。

セラミド配合のクリームもおすすめ!

セラミド配合の保湿クリームもあります。
保湿クリームは、化粧水や乳液、美容液よりも油分が多く含まれているので、美容成分や肌のうるおいを閉じ込めることができます。
油分で皮膚をやわらかくしつつ、乾燥から肌を守ることができます。

赤ら顔改善のマッサージは、顔まわりのリンパマッサージがおすすめ


赤ら顔を解消するためのマッサージでは、肌をなるべく触らないこと、肌に刺激を与えないことが大切です。そのようなマッサージとして良いのが、フェイスラインや首、デコルテなど、顔まわりのリンパマッサージです。

顔の赤みのある部分を刺激してはいけません。顔まわりのリンパを刺激して、リンパと血液のめぐりを良くするのがマッサージの目的です。

簡単お手軽!リンパマッサージのやり方


まず、あごの下から、首の後ろのリンパ節に向かって、手で押さえながらすべらせるようにマッサージします。
次に、耳の少し後ろの位置から、首筋に沿って、鎖骨のリンパ節に向かって、手で押さえながらすべらせるようにマッサージします。
最後に、鎖骨から脇の下のリンパ節に向かって、手で押さえながらすべらせるようにマッサージします。

ゴリゴリと押すような、強い力は必要ありません。
クリームやオイルを一緒に使うと、よりスムーズにマッサージできますよ。

マッサージと一緒にツボ押し!


マッサージの仕上げに、赤ら顔を解消するツボを押してみましょう。

ツボ押しのときは、指に少し力を入れます。3秒間押すのを、10回くりかえすようにしましょう。
ツボ押しは、思い立った時にすぐできるので、マッサージよりも手軽にできますよ。
顔まわりの血行を良くするツボを、2つ紹介します。

ターンオーバーをうながす、手のツボ「通里(つうり)」

まずは、手にあるツボ「通里(つうり)」です。

右手首の内側のシワに左手の指をおきます。
左手の指でシワの線上をなぞりながらすべらせ、右手の小指側までに行くと、ゴツンと骨にあたります。その位置から親指1本分、下がった場所に「通里(つうり)」のツボがあります。右手の「通里(つうり)」を左手親指で、グリグリ押しましょう。
手を反対にして、繰り返します。

この「通里(つうり)」のツボを押すことで、内臓機能の低下を防ぎ、新陳代謝を促す効果があります。赤ら顔の改善にもおすすめです。

フェイスラインのたるみにも!顔のツボ「頬車(きょうしゃ)」

もうひとつは、顔にあるツボ「頬車(きょうしゃ)」です。

耳たぶとあごの中間(エラ)から1cmほど内側(頬の側)にあるツボです。
歯をかみしめると盛り上がり、口を大きく開くとちょうどくぼむ部分にあたります。血行の改善だけでなく、フェイスラインのたるみにも効果があります。

サプリメント、食べ物で赤ら顔改善

女性ホルモンのエストロゲンは、年齢とともに分泌量が少なくなります。
食事や日常の生活習慣において、注意することで、エストロゲンの減少を食い止めたいものです。
まずは、毎日の食事に気をつけましょう。

大豆イソフラボンを多く含む豆腐、納豆、味噌、おから、豆乳を積極的に食べましょう。
タンパク質を含む卵、大豆、魚介や肉もしっかりと。
卵巣のはたらきを促すビタミンEを含むのは、かぼちゃ、アーモンド、アボカド、モロヘイヤです。

また、過剰な皮脂の分泌を防ぐために、油分の多い揚げ物や、辛さなどの刺激の強い食べ物、それからジャンクフード、脂肪分の多いケーキなどの甘い物は食べ過ぎないように気をつけて。

抗酸化作用の高い、ビタミンB2を多く含む緑黄色野菜、ビタミンCを多く含む野菜や果物がおすすめです。

また、肌荒れやニキビなどの原因が、腸内環境の乱れからきている場合もあります。

体に良い働きをする善玉菌を、食事からとり入れる「菌活」。
腸内に住んでいる細菌の集団、腸内フローラを改善したり、ヨガや腸もみマッサージなどの直接的な刺激でおなかの調子を整えたりする「腸活」は、美容と健康の両方に効果があるといわれています。
ヨーグルト、チーズ、味噌、漬け物などの、乳酸菌をふくむ食べ物で、腸内環境を改善しましょう。

乳酸菌を手軽にとるなら、カルグルト


5種類の乳酸菌が一度に摂れるサプリメント、カルグルト。
5種類の乳酸菌が一度に摂れるサプリメント、カルグルトもおすすめです。
カルグルトに配合されている善玉菌は、酒さ治療剤として特許を取得していて、紫外線による肌の乾燥や、色素沈着、ニキビにも効果があると実証されています。

赤ら顔の改善は皮膚科でも

赤ら顔の原因が高血圧などの病気ではない場合、皮膚科や美容皮膚科に相談することもできます。
診察により赤ら顔の原因や状態を調べ、内服薬や外用薬での治療を受けられます。

美容皮膚科のレーザー治療

美容皮膚科ではレーザー治療もあります。

ヤグレーザーは、皮膚の奥の血管が赤ら顔の原因になっている場合、赤ら顔のもとになっている血管を壊してしまいます。
ダイオードレーザーは血行の改善を狙うので、血行不良のうっ血による赤ら顔の治療に使われます。
Vスターレーザーは、皮膚表面に近い血管を壊したり、ニキビやニキビ痕による赤ら顔を改善したりすることができます。

美容皮膚科の医師は、赤ら顔の原因を特定し、その人の赤ら顔に合ったレーザーを使って治療します。複数のレーザーを使用して治療することもあります。

赤ら顔のレーザー治療にかかる料金は、保険適用外で全額自己負担です。
料金はレーザーをあてる範囲が広いと高くなります。頬や鼻周りだけだと安いですが、顔全体になると高くなります。
1回数万円程度から、という料金設定だと思いますが、それぞれ美容皮膚科ごとに料金は異なります。
ただし、赤ら顔のレーザー治療の中には保険適用となる場合もあります。その場合は料金も安くなります。病院へ相談してみるとよいでしょう。

また、赤ら顔のレーザー治療にかかる回数は、個人差があり断言できません。1回で改善する場合もあれば10回以上かかる場合もあるようです。

漢方薬


古い歴史を持つ漢方薬は、たくさんの種類があり、天然の原材料をもとにして作られます。植物だけでなく、鉱物、動物の骨が原料に含まれることもあります。
医療用の漢方薬だけでも、100種類以上もあります。

西洋医学の薬は、病気の原因を特定し、それらの原因に直接作用する薬です。

漢方薬は、体質を改善したり、人間自分自身が持つ自然治癒力を高め、慢性的な症状を和らげたりするためのものがほとんどです。

西洋医学の薬と違い、漢方薬を飲んだからといって、すぐに赤ら顔が治るわけでははありません。体質が改善されるまで、長い間服用していくことが必要になります。

天然の成分でできた漢方薬は、副作用がわりと少ないのが特徴です。
ですが、飲み合わせによっては副作用が出る場合もあるので、注意しましょう。

赤ら顔に効果のある漢方薬は、何種類もありますが、「身体の興奮を抑える(整える)漢方薬」と、「血流をよくする漢方薬」と、「皮脂の分泌を抑える漢方薬」がおすすめです。

漢方薬ってどこで買えるの?


漢方薬専門の薬局というのがあります。
漢方薬専門の薬局に行けば、体質や症状に合わせて、漢方薬を処方してもらえます。

また、皮膚科を受診した時に、皮膚科医から処方されることもあります。

赤ら顔が慢性的になって、赤ら顔体質になってしまっている場合は、漢方薬専門の薬局を訪れてみるのもおすすめです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!