赤ら顔を隠す下地やファンデーションのおすすめの使い方!

赤ら顔の状態でメイクをして、赤みがカバーできずに子どもっぽい表情になってしまうのは、避けたいところ。
添加物の多いファンデーションは、肌に悪影響を及ぼすこともあるので、赤ら顔の改善に結びつきません。

顔に赤みがあるときでも使えるメイクアップアイテムや、ミネラルファンデーションの選び方と使い方を紹介します。
さらに、赤ら顔を目立たなくするための、おすすめのメイクの方法を紹介します。




赤ら顔を自然にカバーするメイクの方法

ファンデーションを使っても、赤ら顔はなかなか隠せません。
強引に赤ら顔を隠そうとして、ファンデーションを厚塗りにすることで肌トラブルを招き、さらに肌を赤くしてしまうことにもつながります。

赤ら顔におすすめの化粧下地


赤ら顔を隠すメイクでは、下地によるベースメイクは必須です。

ピンク系の下地や白系の下地は、赤ら顔を自然にカバーするには間違いです。
ブルーベースの肌のベースメイクは、グリーン系の下地を選びましょう。グリーン系の下地は赤みを抑えます。
イエローベースの肌のベースメイクは、イエロー系の下地のほうが赤みを抑えます。
どちらかわからない場合は、グリーン系とイエロー系の下地を実際に肌にのせ、自分の肌になじむ方を選びます。
イエローベースとブルーベースの中間の肌だったりすると、グリーン系とイエロー系の2色を混ぜる方法もあります。

コンシーラーやコントロールカラー

下地で肌の色を補正したら、次はファンデーションですが、ファンデーションで顔の赤みを消そうとすると厚塗りになる場合、先にグリーン系かイエロー系のコンシーラーを頬の部分に塗り、スポンジでトントンとたたくように肌になじませておきます。

また、コントロールカラーを使って赤みを抑える方法があります。
コントロールカラーには、下地の役割も兼ねた全体用と部分用があり、いずれも光の性質を利用して、肌色を補正するものです。ファンデーションの前に使います。
赤ら顔を隠すコントロールカラーはグリーン系ですが、赤ら顔をカバーできない場合はイエロー系のコントロールカラーを使いましょう。
これは、色の見え方をうまく活用した方法です。赤に対し補色である緑を重ねた光は、人の目に入ってきたときに、黄色として認識されます。赤みの強い色の肌に、緑に近いコントロールカラーを使うと、赤ら顔を自然にカバーできるというわけです。

コントロールカラーは、赤ら顔で顔の赤みが全体的に広がっている場合は、厚くならないように薄く塗っておき、とくに赤みが濃い部分のみ重ね塗りします。
頬や鼻、ニキビ跡などの赤みが気になる場合は、スポット的に塗って、トントンとたたきながら肌になじませ、色味を調節します。
塗りすぎると顔色が悪くみえてしまうので、くれぐれも塗り過ぎには注意!

ファンデーションで赤ら顔をカバー!

赤ら顔を隠すメイクをするには、ファンデーションは黄味の強い色を選ぶようにしましょう。イエローの色味が強いものを選ぶと、赤みが消えやすいです。
赤ら顔におすすめのファンデーションの色は、自然にカバーしてくれるベージュや、ライトイエロー、イエローベージュ、イエローオークルあたりの色。
ただ、ベージュオークルやイエローオークルでは首の色と違いすぎて、浮いて見えてしまうと不自然です。
下地で赤みをほぼ消し、ファンデーションは首の色に合わせる方法もあります。

ファンデーションの色を確かめる時は、自然光かまたは明るい照明の部屋で行うようにしましょう。

暗い場所では色味が分かりにくく、その場ではちょうどいい感じだったものが、明るいところだと白浮きすることもあります。
ファンデーション売り場の照明が暗い場合は、サンプルをもらって、自然光に当てて確かめるといいです。

ネット通販でも、ミネラルファンデーションのサンプルやトライアルセットがあるので、使ったことがない方はこちらを使ってみるものおすすめ。

チークは、オレンジなどの暖色系がおすすめ


顔の赤みが出ていると、チークを塗るのをためらってしまいますが、チークを使ったほうが顔に立体感が生まれ、血色も良くなるというメリットがあります。

赤ら顔の人でも、暖かみのある暖色系(オレンジ)のチークは、肌になじみやすく、健康的な印象になるのでオススメ。
逆に、ピンク系のチークは赤みを強調してしまうのでやめましょう。

また、頬の赤みを目立たせないために、しっかりとアイメイクで目もとを強調し、目のほうに視線を集めるのも賢い方法です。
チークと同じように、ブラウン、オレンジ、ベージュといった暖色系のアイシャドーだと、まとまった印象になりますよ。

赤ら顔におすすめの化粧品

まずは、肌への刺激を減らすことが大切です。


化粧品の中には、肌への負担が強く、仕上がりを良くすることを第一としてつくられている製品もあります。

それらには、界面活性剤やシリコン、合成ポリマー、日焼け止めとして紫外線吸収剤などが含まれていて、肌へのダメージが大きいのです。
とくに、リキッドタイプのファンデーションは、本来混ざらないはずの油分と水分を混ぜなければならないので、界面活性剤が含まれている場合が多いです。

肌への負担が少ない、パウダータイプのミネラルファンデーションや、プレストタイプのミネラルファンデーションを使いましょう。
できれば、外出しない日などは、メイクをせずに素肌の状態で肌を休ませるのもおすすめ。

顔の赤みが小さければ、ファンデーションでカバーできますが、肌が敏感だったり、あまりにも赤みが濃く、肌が弱っているようなら、まずはメイクをお休みして、肌のダメージを減らすようにしましょう。

顔に赤みがある赤ら顔や、敏感肌にはミネラルファンデがおすすめ


そもそもミネラルファンデーションは、リキッドファンデーションやBBクリームと違い、合成界面活性剤、シリコンなどの成分を配合することがほとんどありません。
ミネラルファンデーションは、天然ミネラルやシルクなどを原料にしているので、石けんだけで落とせるし(クレンジングが不要!)、つけたまま眠れるほど、肌に優しいファンデーションなのです。

パウダー特有の仕上がりや、パウダーにありがちなメイク崩れが心配な場合は、塗ってから1時間ほど経つと、皮脂とパウダーがなじんで、リキッドファンデーションのような仕上がりになるファンデを選ぶといいですよ。

紫外線吸収剤に注意


日焼け止めや日焼け止め効果のあるファンデーションには、紫外線をカットする成分が含まれているものがあります。

そのなかでもチェックしておきたいのが、「紫外線吸収剤」。
紫外線吸収剤が含まれていると、紫外線吸収剤が紫外線を吸収したとき、肌の上で化学反応が起きて、紫外線を熱エネルギーに変える反応が起きます。肌の上で化学反応が繰り返されると、肌への刺激が大きいのです。

紫外線を防ぐことは大切ですが、顔に赤みがある赤ら顔になっているような敏感肌では、紫外線吸収剤によって肌のトラブルが起きるかもしれません。

紫外線吸収剤を使っていない「ノンケミカル」の日焼け止めを選ぶようにしましょう。

また、ミネラルファンデーションなどにも含まれる「紫外線散乱剤」なら、紫外線を物理的にはね返すことで、紫外線から肌を守るので、化学反応が起こりません。紫外線散乱剤のほうが、肌への刺激は少ないといえます。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!